ノリスケ日程調整BLOG

日程調整やオンライン商談にまつわるあれこれをお伝えします

アポイントの自動調整ツール「ノリスケ日程調整」が「営業」に関する仕事の効率化などをご紹介します。

ピンチはチャンス。訪問型の営業スタイルからオンライン商談へ

f:id:web-marke:20200605091711j:plain

コロナ禍で在宅勤務が注目される

今回のコロナ禍で、これまであまり普及の進まなかった在宅勤務が、大きな注目を集めることとなり、IT企業を筆頭に、様々な企業が在宅勤務への切り替えを発表しました。

5月25日には、全国的に緊急事態宣言が解除されましたが、北九州では第二波により再び感染者数が増えているほか、東京でも「東京アラート」が発動されるなど、引き続き予断を許さない状況が続きます。

このような状況の中、日立製作所が「在宅勤務を変革のドライバーとする働き方改革を推進する」という方針を発表し、話題になっています。

 「オフィスへの出社」にとらわれない、テレワークに対する考え方が確実に変わってきています。

 

では、テレワークが普及していく中、「営業」という職にはどのような影響があるのでしょうか?

 

先日オンラインで開催されたセールス界のM-1グランプリこと「S-1グランプリ」では、今年が「リモート営業元年」になるだろう、という話がありました。

かくいう弊社、株式会社N2i も4月6日より本年中は在宅勤務可という方針となり、営業チームは早々にZoomによるオンライン商談に切り替えています。

 

blog.norisukebiz.jp

 

前置きがながくなりましたが、今回の「ノリスケ日程調整ブログ」では、オンライン商談のメリットについて考えてみたいと思います。

オンライン商談のメリット 

オンライン商談のセールス側のメリットとしては、次のようなものが考えられます。

  • 移動時間が不要
  • 交通費と宿泊費が不要
  • ネットの環境さえあれば、どこからでも商談を設定することができ、また全国津々浦々の企業にアプローチが可能
  • 名刺交換やお茶出し、PCのセッティングにかかる諸々の時間も含め、アイスブレイクを手短に済ませられるので、これまで60分で想定していた所要時間を短縮できる
  • 会話を録音・録画できるため、振り返りや議事録の作成、参加できなかったチームメンバーへの情報共有が容易

これらのメリットの中でも、私が特によかったと思うのは、移動時間が不要になったことで、移動にかかる時間を本来の業務に充てることができるようになったことです。

これにより、生産性や業務効率を大きく向上させることが可能です。

 

一方で、Web会議システムの導入が必要だったり、名刺交換ができない、相手の反応が掴みづらい、実際に顔を付き合わせる方が打ち解けやすい、というオンライン商談ならではのデメリットももちろんあります。が、最近弊社ではオンラインでの商談がほとんどとなり、以前と比べると新規アポも増えています。

新規アポが増えている理由についてはまだしっかり分析しきれていないのですが、

お客様自体がオンライン商談に慣れてきた

  • お客様が会議室を抑える必要がないので、気軽にOKしやすい

といったことが原因にあるかと推察しています。

 

残業時間の削減や業務効率化といった働き方改革が推進される中での新型コロナの流行。オンライン商談は、安全・安心に働き方改革を実現する手法として、大きな可能性を秘めていると考えています。

 

このノリスケ日程調整ブログでは、オンライン商談をどうやったらいいか分からない、というオンライン商談初心者の方向けに、お役に立つ情報をまとめていければと考えています。

 

よろしかったらこちらもどうぞ。

オンライン商談が増える中できっとお役に立つと思います。 

norisukebiz.jp

コロナ後の来店予約に使って欲しい日程調整自動化ツール。使い方いろいろ。

f:id:web-marke:20200525150145j:plain

こんにちは。ノリスケ日程調整です。

N2i が6月の提供開始を予定している「ノリスケ日程調整」。

Webサイトをご覧いただくと、いかにも営業マン!な方の写真が全面に押し出されているので、ビジネス向けの日程調整ツールと思われるかもしれません。

今日はビジネスの商談以外にも、実はノリスケ、こんなところにも使えるよ、というお話をご紹介したいと思います。

 

ノリスケができること、についてはこちらをご覧ください。 

blog.norisukebiz.jp

 

ノリスケの前身であるノリスケ採用管理からノリスケと付き合いのある私としては、店舗などの来店予約にも是非ともノリスケをお使いいただきたいと思います。

 

特に、コロナ後の「新しい生活様式」を推進するにあたり、「密を防ぐ」マナーがどのビジネスにも必須となります。

これまでの「ふらっと来店」から「予約して来店」への切り替えが必要となるということです。

 

このようなシチュエーションが想定できる業種といえば、保険代理店、賃貸仲介はもちろん、個人病院に理美容室、整体、そして様々な店舗ビジネス。

とはいえ、来店予約システムの選定や導入検討に工数を割くのは面倒ですし、得策ではありません。

 

手軽にご利用いただけるクラウドサービスのノリスケ日程調整を利用して、来店予約とその管理を自動化しませんか?

6/4(木)ウェブセミナーを開催します

ノリスケ日程調整についてもっと知りたい!という方は、是非こちらのセミナーにご参加ください。

norisukenittei.peatix.com

 

ノリスケ日程調整はただいま先行予約中!

こちらからお申し込みいただけます。

コロナ禍でもアポや打ち合わせは「倍」をこなせる!

f:id:web-marke:20200522100552j:plain


こんにちは。ノリスケ日程調整です。

「営業は足で稼ぐ!」

新卒時代からまさにそのような営業スタイルを貫いてきた私ですが、新型コロナウイルス(COVID-19)の流行により、とうとうそんな訳にも行かなくなって、テレワークでの営業活動にシフトしました。

 

N2i に転職をする前に勤めていた名古屋の企業では、名古屋市内のごく限られたエリアを車で移動するという営業スタイルでした。

アポからアポに要する移動時間は概ね5〜20分以内で、効率よく回ることができれば、日に10件以上、平均8件のお客様を訪問することが可能でした。

 

N2i で東京に転勤となってからの営業スタイルはガラリと変わり、公共交通機関での移動がメインに。移動にかかる時間がとにかく増えました。

N2i は渋谷にオフィスを構えているので、交通の便はさほど悪くないのですが、渋谷は駅が広すぎます…。

駅に足を一歩を踏み入れてから電車に乗るまでがとにかく遠い…。渋谷マークシティ至近の弊社オフィスからだと、山手線のホームにたどり着くまでに私の足では10分はかかります。

 

新宿や青山一丁目、渋谷区内のアポなら30分の移動時間で済むものの、それ以外は電車遅延や自分が迷うことも想定しなければなりません(名古屋人には東京はいつまでたっても迷宮です)。カレンダー上ではアポとアポの間は1時間の移動時間をみるようにしています。

 

ただし、4月からテレワークになった今は、移動時間も要らなければ、アイスブレイクのトークも一瞬で済むので、打ち合わせの時間は30分あればちょうどいいくらいに感じています。

すると、30分の打ち合わせであれば、1日に15〜20件をアレンジすることが可能です!そんな営業チャンスに気づいている方は実は多いのではないでしょうか?

 

note.com

 

同じ1日の時間軸に効率よくアポを詰め込めることができる今、架電や提案、打ち合わせに最大限の時間を割きたいところですが、一番煩わしいのが間接業務です。

アポが2倍になれば、日程調整に割く時間も2倍。

1件あたりのアポ調整にメールが2~3往復、少なく見積もって5分はかかるとして、15件のアポを調整しようと思ったら、実は1時間以上の時間が必要になります。

この時間、極力削減したいですよね?

 

そこで、前置きが長くなりましたが、弊社の最新兵器である「ノリスケ日程調整」をご紹介したいと思います。

6月の提供開始を目指して現在急ピッチで開発が進んでいます。

ノリスケ日程調整はただいま先行予約中!

こちらからお申し込みいただけます。

6/4(木)ウェブセミナーを開催します

ノリスケ日程調整についてもっと知りたい!という方は、是非こちらのセミナーにご参加ください。

norisukenittei.peatix.com

はじめましてのごあいさつ「ノリスケ日程調整」

f:id:web-marke:20200515163904p:plain

皆さま、はじめまして。

突然ですが、皆さん「日程調整」と聞くとどのようなイメージが浮かびますか?

日々どれくらいの時間を日程調整に使っていますか?

日程調整を自動化できたらいいのに!と思ったことはありませんか?

 

申し遅れました。私、名古屋を拠点とする株式会社N2iで「ノリスケ日程調整」というWebアプリを開発しています。ズバリ、日程調整を自動化して、皆さんのお仕事に貢献するツールです。

このたび、ノリスケ日程調整を皆さまにお届けできる運びとなりましたので、こちらでご案内をさせていただきたく筆をとりました(キーボードを叩いています)。

では、早速ノリスケ日程調整をご紹介していきますね!

 

ノリスケ日程調整とは?

ノリスケ日程調整は、

  • 効率よくアポを獲得したい営業さんや、
  • 日程調整のリスケに悩まされている秘書さん、
  • 日程調整を簡素化したいビジネスオーナーさんなどに

広範にお使いいただける便利ツールです。

次の簡単2ステップで、日程調整を完了することができるんです!

  1. ノリスケ日程調整に必要事項を入力し、日程調整用のURLを発行
  2. 日程調整の対象者にそのURLを送信

URLを送られた対象者がリンクをクリックすると予約フォームが起動し、自動で日程が調整されるという仕組みです。

ノリスケ日程調整ができること

ノリスケ日程調整は、Googleカレンダーと連携することで機能します。

代表的な機能をまとめてみます。

  • アポイントを一覧で管理できる
  • Web会議のURLを自動で生成し案内できる
  • リスケを自動化できる
  • 前日のリマインダー送信を自動で送ることができる

日程調整にまつわる煩わしさから一気に解放されること請け合いです!

どんな人に向いているの?

ノリスケ日程調整は、B to Bの営業活動だけでなくB to Cの営業活動や顧客対応にも利用できます。

1対1のやり取りだけでなく、Webサイトやダイレクトメール、メールマガジンなど1対多のシナリオにも対応するんですよ!

URLはQRコードでも展開することができるので、チラシなどの印刷物への展開もOKです!

これにより、どういうことができるようになるのかを追々このブログでご紹介していければと考えていますが、今日は少し先にそのイメージをお伝えしたいと思います。

例えば……

  • 一度の広告出稿で一気に複数のアポを自動で獲得

できるようになったり、

  • これまで予約を電話で受け付けていた病院や美容サービスの場合、Webサイトに予約フォームを設置しておくことで、カレンダーの空いている時間に勝手に予約が入っていく

といったようなことができようになるんです!

 

開発企業のN2iについて

弊社は、2017年5月の設立以降、チャットボットを軸とするシステムの受託開発や、日程調整が得意なATS「ノリスケ採用管理」の開発で実績を積んできました。

ノリスケ日程調整は、N2iのもつチャットボットやシステム開発の知見とノリスケ採用管理で培った経験を基に、よりビジネスに特化した課題を解決するために現在開発が進められています。

 

 

6/4(木)ウェブセミナーを開催します

ノリスケ日程調整についてもっと知りたい!という方は、是非こちらのセミナーにご参加ください。

norisukenittei.peatix.com

 

ノリスケ日程調整はただいま先行予約中!

こちらからお申し込みいただけます。